代表取締役「村上 亮」の日々の出来事ブログ

千葉市にてアスベスト建材屋根の解体工事、面積は130㎡

  • #rc造解体工事
  • #あんしん解体の村上建設
  • #木造解体工事
  • #解体工事
  • #軽量鉄骨解体工事
  • #鉄骨造解体工事

千葉市にてアスベスト建材屋根の解体工事

ハウスメーカーさんからのご依頼で、

アスベスト建材屋根の解体工事を行いました。

 

平成14年前後のスレート瓦は

アスベスト建材の可能性があり!

以前もご紹介しておりますが、

平成14年前後のスレート瓦はアスベストが含まれている事があります。

絶対にとは言えませんが、含まれていない証明をしなくては処分場では含有物処理となり、

先に費用をかけて検体試験を行っての判断も行えます。

判断でアスベストが含まれていない事が証明出来れば、

処理価格も半分以下となりますので、判断に迷った時は検体試験を行う事をお勧め致します。

では、

アスベスト含有建材の屋根解体をご覧ください!

<解体前>

スレート瓦解体 130㎡

アスベスト建材の処理方法

スレート瓦の処理作業

<解体作業>

アスベスト含有物の為、人力で飛散しない様に解体を行って行きます。

アスベスト建材の解体工事

アスベスト処理の流れ

<スレート瓦積込み作業>

トラックへ養生を行い、飛散をしない様に積込みます。

アスベスト建材の積込み作業

アスベスト含有建材は、

上記の作業で行う事が基本です。

もちろんアスベスト含有建材として処理場へ持ち込む事も基本!

そして最後にマニフェスト伝票貰う事も基本です。

 

解体工事は処理までお客様が管理しなくてはいけないので、

あんしん業者・会社を良く見極めご依頼をして頂ければと思います。

以上がアスベスト含有建材の解体作業をご紹介しました!

 

アスベスト建材の解体の事なら、

創業31年のあんしんと実績!

『あんしん解体』の村上建設へご相談ください。